MESSAGEOSS研究室部長メッセージ

オーダーメイドで、すべてがオリジナル。そこに楽しさ、やりがいが感じられます。

OSS研究室部長

デージーネットが新たな成長を遂げるために、強い意欲で取り組んで欲しい。

私はデージーネットの現社長・恒川とは前職で同じ会社に勤務し、上司と部下という関係でした。その後、恒川が独立して起業することになり、私も転職を決意したという経緯があります。
当時、私は不安というものをまったく感じませんでした。恒川のやりたいこともわかっていましたし、逆に希望しか見えませんでした。そのまま15年以上走り続けてきましたが、今も、その時の決断は大成功だったと思っています。
仕事内容は、前職でも現職と同様にサーバ構築などが主でしたが、今のように自分の意志で仕事が進められるという環境ではありませんでした。デージーネットでは自らの技術を確立することで、より仕事の幅を広げられますし、自分自身がもつ技術をしっかりと発揮することができます。これは技術者として、本当の意味での楽しさを味わえる仕事だと言えます。

デージーネットはLinuxなどオープンソースの技術に特化し、オリジナルのサーバを構築していくのがメインの仕事です。このサーバ構築は、家やビルを設計していくように設計図を描き、あらゆる部品やパーツを使って完成させていきます。
オープンソースにはさまざまな種類があるのですが、それを一つずつ組み合わせて設計し、お客様にとって最適なものに仕上げていきます。何度も試しながら一つずつ前に進む作業ですが、その仕事に打ち込んでいるときは楽しさややりがいを実感できますね。
大手メーカーのシステムエンジニアなどの場合では、どうしても仕事の範囲や進め方を製品に沿ったものにしていかなければなりませんが、デージーネットの場合はオーダーメイドのため、すべてがオリジナル。現在システムエンジニアをしていて、その仕事を物足りなく思っている人などにはぴったりの環境だと思います。
また、関連のある仕事からの転職の場合は、“組み立てる”という考え方が得意であったり、“創造力”の豊かな人が向いているのではないでしょうか。

私は15年以上デージーネットとともに歩んだことになりますが、会社自体の成長とともに、自分自身も変化・成長したと思っています。デージーネットは創業当時から“技術力”には絶対的な自信と、それを裏付けるだけの実力を備えていたという自負があります。現在もそれは変わりませんが、会社の成長とともにそこに付加されたのは、“チーム”という新たな力でした。
今後、さらに大きなものに挑戦していくためには今以上のチーム力、そしてそれぞれの確立した技術が必要となります。

技術を総合的なサービスとして提供するという考え方のデージーネットでは、社会人としてのスキルも重要視しています。それは、お客様に対して社会的背景を踏まえた提案をし、チームとして総合的な技術力を発揮するためにも必要不可欠だからです。
入社後は技術面だけでなく、そういった部分でのスキルアップを目指した基本姿勢や理念も学ぶことができます。
また、デージーネットは、システムエンジニアにも多くの女性が活躍しています。育児休業制度等、男女関係なく働きやすい環境づくりにも努めています。
デージーネットが新たな成長を遂げるために、“今もっている技術をさらに活かしたい”“新しい技術を学んでいきたい”という強い意欲をもった人材を私たちは求めています。私たちと一緒になって、未来に向けたデージーネットをつくり上げていきましょう。

ページの上部へ