INTERVIEW働き方インタビュー

OSSで社会に貢献できる喜びを大切にしたい。

オンラインゲームを機にシステムづくりに興味。自ら行動することで、成長したい。

以前、趣味でオンラインゲームの試合の成績表を作って記録として残していたことがありました。しかし、毎回計算をするのは面倒。既存のアプリで自動計算してくれるものを探したものの、見つからない。さりとて新しく自分で開発するには知識が足りず、結局諦めてしまいました。この経験以降、面倒なことを効率化したり、より便利にするためのシステムづくりに興味を持つようになりました。OSS(オープンソースソフトウェア)の存在を知ったのは就職活動中のこと。デージーネットの採用担当の方から、目的に合わせてOSSを自由に組み合わせることで、より便利に使えるということを聞き、使い方によっては社会に大きく貢献できそうだと感じました。OSSを扱える技術者になりたいと思い、入社を決めました。

入社するまでは、プログラミングやサーバの設定など、技術的なことに触れたことはありませんでした。そんな文系出身の私にとって、新人研修は初めて経験することばかりで、わからないことの連続。毎日試行錯誤しながら、時には遅くまで研修課題に取り組みました。先輩方に丁寧に根気よく教えていただいたこともあり、無事に全ての課題を修了。そして、気が付けば多くの知識を得ることができていました。また、仕事の進め方についても得るものが多くありました。たとえば、「わからないこと」は自分から「わからない」と発信しなければ教わることはできません。この「自分から行動し必要な情報を得る」ということは、今も大切にして業務に取り組んでいます。

責任ある仕事だからこそ、入念に準備する。

入社した当初は「保守・運用」と呼ばれる仕事を行っていましたが、現在は新規サーバ構築や古くなったサーバを新しいバージョンで構築し直す(リプレースとも呼ばれます)ことを担当しています。保守や運用とは異なり、実際に稼働しているサーバで作業をするわけではありません。

構築中の段階では、サービスとして提供されていないため、何か失敗しても提供されているサービスに影響を及ぼすということは少ないです。しかし、自分の作業のインパクトの大きさは変わらず大きいと感じています。自分が構築したものが実際にサービスとして提供される際、何か不備があってはそのサービスを公開することができません。
また、リプレースの場合は、最終的にはすでに稼働しているサーバと切り替えるという形になります。つまり、構築したサーバが既存サーバに代わって、新たに同様のサービスを提供できなければいけません。担当する工程は変わりましたが、変わらずお客様への影響が大きい仕事を行っているので、事前の試験や計画を念入りに行って慎重に対応を行っています。

幅広い経験を持つエンジニアを目指して。

サポート業務から始まり、現在はサーバ構築が主な仕事ですが、将来的には設計、営業といったところにも仕事の幅を広げていくことと、技術的なことだけでなく部下育成やマネジメントもできるようなゼネラリストを目指しています。そのために、技術的なスキルを上げていくのはもちろん、課題をどのように捉え、どのように仕事を進めていけばよいかなど、仕事全体の進め方についても先輩を見て学んでいきたいと思っています。
また、以前に諦めてしまった成績計算システムについても再チャレンジしたいと思っています。プログラムについて全く知らなかった当時と異なり、どのようにすればうまく計算ができるのかわかるようになりました。社外の人に使ってもらえるレベルにするには、まだまだ多くのことを学ばなければなりませんが、わからないことを解決しながら作業を進めていく中で得られる達成感や、作成したシステムが便利に使われて喜んでもらえることをモチベーションに、ぜひ実現させたいと考えています。

Schedule for 1dayある一日のスケジュール

  • 9:00 メールの確認や連絡、今日の流れについて確認
  • 11:00 お客様のシステム構築や保守作業
  • 12:00 ランチタイム
  • 13:00 打ち合わせ、午前の作業の続き
  • 16:00 ドキュメントの編集や送付
  • 18:00 日報を提出して退勤

My Career Plan私が描くキャリアプラン

私のキャリア

新卒でデージーネットに入社。入社後は本社で研修に参加し、配属と共に東京へ。
今では東京営業所を盛り上げるのになくてはならないメンバーとして活躍中。

  • 入社1年目新人研修・OJT研修で基礎技術を学ぶ。
  • 入社2~3年目 東京営業所へ異動。関東周辺の顧客を中心に、運用・メンテナンスの対応をメインで担当。
  • 入社4~6年目知識やスキルの幅が広がってきたことで、設計や構築業務の担当に。

将来の目標

「技術力だけではないエンジニア」を目指します
様々な分野で色々なものが進歩していると思います。そういった情報をキャッチアップしていくことも大事なことだと思いますが、技術的な専門知識だけではなく、客先折衝やビジネスのことにも精通した、いわゆる歌って踊れるエンジニアになり、多用な領域から頼られるエンジニアになりたいと思っています。

働き方インタビュー一覧

ページの上部へ