システム設計部部長メッセージ

常に新しいことに触れられる、これもIT業界の醍醐味。

IT業界は日々、進化しています。また、世の中の最前線の情報を得ることができるのもIT業界のおもしろさの一つです。そんな中で、新たなことを貪欲に吸収してくれる人材をデージーネットは求めています。
私は転職組で、かつてはプログラマとして勤務していました。しかし40代、50代になったとき、プログラマという職種のままでいることに不安を感じ、システム全体を見通すことができるサーバ構築の仕事に就きたいと思ったのがデージーネットへの転職のきっかけでした。
デージーネットに入社して以来、スキルアップを図りながらここまで進んできましたが、常に新しいことに触れていられる今の仕事は刺激的で、楽しさを実感しながら日々働いています。

写真:システム設計部部長

システム設計部部長
利波 健二

新卒者に求めるのは、吸収力の大きさ、深さ。

デージーネットでは、新卒、中途どちらの社員も採用を募集していますが、私はそれぞれがもつ特性を発揮して働いて欲しいと思っています。
たとえば新卒でITに関連する学部に在籍していた場合、プログラミング言語について勉強してきた方が多いです。しかし入社後、その大半は 研修やOJTの中で「あれ?こんなこともわからなかったんだ」と悩んでいます。でも、そこで立ち止まってしまうのではなく、新卒ならではの吸収力で新たな知識をどんどん増やそうという姿勢を私達は求めています。“学校でやってきたことは通用しなくて当たり前”くらいの気持ちで学び、成長することこそが新卒には必要です。

中途採用なら“一度はプライドを捨てる”ことも重要。

中途採用の場合、即戦力になればもちろん嬉しいですが、会社によって仕事の内容もやり方も違って当然です。そこで戸惑うよりも、持っているスキルは一旦忘れて“すべてを学び直す”つもりでいる方が、より良く仕事が進んでいくと思います。
仕事を変わろう、自分の人生を転換しようと思ったのであれば、一度はそのプライドごと捨ててしまった方が、うまくいくのではないでしょうか。そこからこそ、新たな未来が見えてくるのではないかと思うのです。

時間を浪費する働き方はしない、これが基本。

私たちはアプリケーションが動作するインフラを構築することをメインにしている会社ですが、IT業界の典型とも言える“ひたすら時間を浪費する”働き方はしていません。時間をしっかり管理し、いつまでに仕事を終わらせるかを決めて作業しています。
面接でよく「残業は多くないでしょうか」と質問されますが、私たちは就業時間内で仕事が終えられるように自ら調整することをモットーとしています。能力の足りなさを時間でカバーしようとすることは認めていません。また、上司として部下の時間を管理することも、私の重要な仕事だと思っています。
2014年度からは新しい人事評価制度も取り入れた運営も始まりました。常に前進し、挑戦を続けるデージーネットの新たな力になってくれる人に、ぜひ来てもらいたいですね。

デージネットで働くひとたち

働き方インタビュー

新人インタビュー

その他のメッセージ

エントリーはこちら

このページの先頭へ