働き方インタビュー

所属部署:OSS研究室  趣味:ドライブ

入社の決め手は「技術力の高さ」と「人」。

私は文系出身なのですが、システムエンジニアになるのが昔からの夢でした。高校生時代からコンピュータにさわることが好きでしたし、システムエンジニアになるには理系でなくても大丈夫だろうと思っていたので、大学では歴史や社会文化を学びました。就職先にデージーネットを選んだのは、就職活動時に「なにか面白そうなことをやっている会社があるな」と思って説明会を聞きにいったことがきっかけです。Linuxなど、最新の技術を使って開発を行っていることや、スタッフの技術力の高さに魅力を感じました。日本では新しい技術だからアドバンテージが大きいと思いましたし、ここなら自分のやりたいことができるだろうと思ったことも決め手のひとつでした。

新しいことにチャレンジして、仕事の幅を広げたい。

現在は、デージーネットでサービスとして提供するための、新技術の調査や営業職のサポートを行っています。日々新しい技術の調査を行っていると、新しい知識がどんどん入ってくるようになり、技術的なスキルもどんどんと上がっていきます。
一口にIT業界といっても、ゲーム開発やシステム開発、ウェブ開発などさまざまな領域があります。そういう中で、システムの基幹部分を作るという仕事は、目には見えないですが、私達の生活のさまざまな場面で使われ、社会や企業を支えています。自分の性に合っていると思うし、「誰でも知っている、あのプロバイダのメールサーバは自分が構築し、管理もしている」と、誇りも感じています。

技術者にとって、学ぶことをやめたら終わり。

技術って、一直線に進めるかというとそうではなくて、目的地に到達するためにはとても長い道のりを歩いていかなくてはならないですし、全く興味がなかったことにも地道に取り組んでいかねばなりません。でも、目的があって、そこに向かってチャレンジをしていると、知識がどんどん広がっていくんですよね。幸いデージーネットには、やる気があればいろいろなことにチャレンジできる企業文化がありますし、社員が自発的に立ち上げる勉強会や内外の研修制度もすごく充実しているので、意欲のある人にとっては、すごく刺激的で楽しい会社だと思います。技術者が学ぶことをやめたら、進歩はそこで終わり。常に時代の最先端にいるためには、これからも貪欲に学び、新しいことにもチャレンジしていきたいと思っています。

技術とビジネスを同時に考えられる、視野の広い技術者になりたい。

目標は「万能の技術者」になること。技術革新やニーズの多様化など、ITを取り巻く環境変化が激しい中で、お客様の望むシステムを構築し、お客様の利益になるような助言や支援ができる技術者になりたいですね。今は、お客様の要望に応えるだけでなく、より安心で便利なサービスを提供していけるように、技術調査や検討に取り組んでいます。こうした活動や人との交流が自分の成長につながり、新たな技術やサービスが生まれる原動力になると思っています。お客様に「より使いやすくなった」「すごく便利になった」と感じていただけて、初めて我々の価値があるのですから。

「森彰吾」はこんな人です!

デージーネットで仕事をする面白さは、お客様へのヒアリングから、システム設計、運用・管理まで一貫してできること。ひとつのことにとらわれたくない、という人には魅力の会社だと思います。私自身、いろんなことをやってみたいタイプなので毎日が楽しいですし、お客様から感謝の言葉をいただくと、モチベーションが一気に高まります。

私が描くキャリアプラン

新卒としてデージーネットへ入社。システム構築、プログラム開発に携わる一方、3年目にはプロジェクトリーダーに抜擢。現在もリーダーを努めながら、スキルを磨き続ける。

入社1〜2年目
システム構築、プログラム開発をはじめ、さまざまな研修を受ける。
研修後は、ソリューション開発部に配属。
入社3〜8年目
プロジェクトリーダーに抜擢。リーダーとしてプロジェクト進行を行う。
システム設計部に異動し、要件定義など、より高いレベルの技術作業を経験する。
入社9〜10年目
ソリューション開発部にて、システム構築・開発のリーダーを任される。
その後OSS研究室に異動し、新技術の調査・営業サポートに関わる。

将来の目標

「最先端を走り続けるシステムエンジニア」を目指します

ITの技術は日々進歩しつづけており、実力不足を実感することが多いのがこの業界です。しかし、そこで立ち止まるのではなく、新しい技術を身につけ、より品質の高いシステムをお客様に提供できるように、日々のスキルアップに努めていきたいと思っています。

その他の働き方インタビューを見る

エントリーはこちら

このページの先頭へ